無料

ブレイドクロニクル

2009/05/21

3.0
★★★★★
★★★★★

(7)

サービス休止・終了

共有

「刀」で斬撃を楽しませてくれる幕末ファンタジーMMORPG

ゲーム説明/レポート

「刀」で斬撃を楽しませてくれる幕末ファンタジーMMORPG

和とファンタジーが絶妙に合わさった幕末が舞台の和風MMORPG。
戦闘時の刀で斬る感覚は素晴らしく、従来のクリックゲームとは違い、マウス操作の種類によって斬撃の種類も変わる。
連続操作から繰り出す「連撃」や固有技の「剣技」など、戦闘の駆け引きを楽しませてくれる。
ゲームパッドにも対応しているので、マウス操作が苦手な方にもおすすめ。

サービス休止・終了


タイトルブレイドクロニクル
ジャンル3DMMOMMORPGアクション
対応機種Windows VistaWindows 7Windows 8
配信日2009/05/21 - サービス終了日本産
料金基本無料
マルチプレイじっくり
操作方法ゲームパッド
グラフィック3Dリアル
雰囲気和風歴史
キャラ
システム生産ハウジング
コンテンツPvP

7 件のレビュー



名無しのゲーマーさん
★★★★★
★★★★★
2014/02/26

大味な点。
装備(特に武器)のウェイトが大きいゲームなので装備さえ整えれば好きな時に引退できる。
そういう意味では興味のある内に一気に装備を整え、あとは気が向いた時に適当にプレイするのに向いている。
ただ、新規が装備を整えるのは人口減もあり辛くなってきている。

殺陣とはあるが、アクションゲームではないので下手○でも十分プレイできる。
逆に派手なアクションを求めるなら別ゲーに行くべき。あくまでMMOである。
どっちにしろ大味で面白みには欠ける。

無料の名の通り課金は必須でない。ただ、先住民的には無課金に人権はないらしい。
人権が欲しい人は課金する価値があるかどうかよく見極めてからするといい。

昔はPKできるのもウリだったのだが、既に廃れているのでPK目的でやるのはお勧めしない。
どうしてもやりたければ合戦というRvRで轢き殺しをやるのがお勧め。
国産とは言うものの、実際には***ゲと思ってもらってよい。
プレイヤー層もそういうプレイヤーかネトゲ初心者君のどっちかが大半。
一般的なMMOと思ってプレイすると嫌な思い出が残るだろう。

コンテンツ自体はそれなりにあるが、どれも大味でやり込むのには向かない。
特に生産はかなりの**コンテンツなので手を出さない方が今はベスト。

課金自体はアイテム課金だが額に見合うものは手に入らないと思ってよい。
クジや搾取キャンペーン乱発傾向にあるので、甘言には乗らないが吉。
正直、このゲームに2万課金できるなら月額課金でもプレイしろ。

これもまた、多くの無料MMOと同レベルと思って貰ってよい。

名無しのゲーマーさん
★★★★★
★★★★★
2013/08/01

運営は昔より、より対応力も上がってるし、マナーの悪い人も消えてきたし、親切な人たちがいていい!操作は最初は慣れないけど、少しずつ頑張れば、並の動きができます。
少しバグとかあり。 少しだけマナーの悪い人いる。 狩場を平等にしてもらいたい。
以上です。

名無しのゲーマーさん
★★★★★
★★★★★
2012/04/02

課金すれば強い
操作性

永続的に楽しめるコンテンツがない
古参は別ゲー
イベントの使い回し、商品の使い回し
武器バランスがおかしい
レベル制限が2年たっても解放されない
すでに過疎
課金しないと弱い
運営変わってから意見交換会がなくなった

名無しのゲーマーさん
★★★★★
★★★★★
2012/04/02

ゲームパッド対応でキーボード操作が苦手な人でも入りやすいと思います。・・・たぶん
幕末という世界観が素材なので歴史好きにはたまりません。・・・たぶん
レベルカンスト、装備も揃った頃にはやることがなくなります。
他ゲーのようにPVPの闘技場システムがないのが残念な所です。
そのかわりに武芸者大会といった名ばかりの念による魔法攻撃、迅によるクナイが飛び交うだけのポイントを取って逃げ回るだけで大凡、侍とは程遠い残念無念♪なコンテンツはいらない・・・・
前述でココナッツさんの言っていたマナーの悪いプレイヤーが野放しになって、やめてしまう人が多いのが現状です。 特に〇ンゴ〇〇タと呼ばれるプレイヤーがマナーどころか多重起動、チート、取引○欺、粘着暴言を繰り返し、アカウント凍結をくらっても他からアカウント買いをして戻ってくる有様です。

名無しのゲーマーさん
★★★★★
★★★★★
2011/12/27

ゲーム的には結構バランスも良くハマりそうでしたが、どんなよいゲームでも、これだけマナーの悪い人がいるゲームではすべて無駄という感想でした。
murasameサーバーにて友人と3人で始めたけどやめました。毎日全体チャットで卑猥な言葉や人を中傷する暴言ばかり言う迷惑兵団が存在します。運営が約6人ほどのこの兵団のPCを放置しているため、世界観も**もありません。正直 女性からすると毎日卑猥な言葉を全体チャットで言いまくり、文句や人の悪口ばかりをいう人がいるゲームで遊ぶ気がしませんでした。ゲーム自体はハマりそうだったのに残念ですね。ここまで悪質なプレイヤを放置する運営は見たことがありません。女性はやらないのをおすすめします。

名無しのゲーマーさん
★★★★★
★★★★★
2011/10/24

●システムは斬新だと思います。
マウスの↑↓→←のドラッグにより速さや威力の違う通常攻撃が出ます。また、スペースキー+各方向へドラッグでスキルが発動します。
よくあるショートカット1234...キーによる攻撃やスキル発動ではないので最初の内は慣れないかもしれませんが、マンネリ化はしません。
●職は今のところ5つ。このゲームでは職業は「型」と呼ばれ、守護の型、重撃の型、巧迅の型、念術の型、壮術の型が存在します。
最初は「守護の型」という侍のような職業から始まりますが、試験を受けることで全ての職に就けるようになります。
各職に対応した刀があり、刀を変えることで職業が変わるシステムで、「キャラを育てる」よりも「刀を育てる」という方が正しいかもしれません。
職を変える為に課金やリスクを伴ってジョブチェンジをしたり、新しいキャラクターを作ったりする必要はありません。
●和テイストで江戸っぽい町や幕末の横浜?のような町、海の見える景色や鬱蒼とした山中、恐ろしいモンスターが存在する先に華やかな都があったりなど、グラフィック・世界観は他にはない素晴らしさがあると思います。
●「合戦」という、敵NPCの討伐を目的とした乱戦があり、戦った功績により戦功がもらえます。戦功をためると昇格することができ、また戦功を使って武器を手に入れることもできます。
「妖界」という別世界があり、そこへ侵入するにも戦功が必要になります。その妖界には強いモンスターが数多く存在し、死のリスクも伴うほど危険な場所です。しかし、普段のレベル上げに飽きたら妖界へ行こう!など気分転換にもなり、死と隣り合わせのスリルを味わうことができます。
●自分の部屋を持ち、家具を配置したりと模様替えのシステムがあります。家具は作ることもできますし、購入する事も可能です。
●プレイヤー同士が出品したり購入したりする「市場」のシステムがあります。
市場では合成のための素材や装備品などが取引されています。
課金装備や課金アイテム(消耗品)についてはゲーム内金貨で買うことはできませんが、
課金によるクジがあり、そのクジで出る装備品については市場を通じてゲーム内金貨で取引ができます。
「無課金だけど町ですれ違った人のオシャレ装備がかっこよかった!羨ましい!でも課金はしたくない・・・」→市場を探してみればゲーム内金貨で手に入れられるかもしれません。
とりあえず
●最初の町からメインの町へ辿り着くまでの間、あまりプレイヤーの姿が見られません。
多くの人が拠点とする町に着くまで、パッと見どこもかしこも過疎ってるのではないかと思われるかもしれないほど少々寂しい景色が続きます。
●どのゲームにも言えたことですが、マナーの悪いプレイヤーはやはり存在します。
PKシステムがあり、初心者狩りなどは見られませんが、運が悪ければ熟練者の暇つぶしPKに巻き込まれてしまうこともあるでしょう。
●最近、パッとした素晴らしいアップデートなどがありません。
それもあってか長くプレイしているとやるべき事ややりたい事が尽きてしまい、やる気もなくなり他のゲームに移ってしまうプレイヤーが多数いるようです。
●型の優遇・不遇の差がかなりあります。
また、腕が良くても装備が弱いと即死だったり、装備が良くても腕が鈍いと即死だったり。
クリックゲーではない分、自分の型のステータスや特徴をしっかり理解して戦い方を考えていかないと、痛い目を見てしまう場面もあると思います。
ただ狩りをすればいいなどの作業ゲーではないので、慣れるまではあまり気が抜けないと思います。
●ペットシステム・結婚システムなどはありません。

名無しのゲーマーさん
★★★★★
★★★★★
2010/11/22

ただのクリックゲーじゃなく、戦闘が単調になりにくい。
ジョブチェンジができるのでやり直しがきく。(不遇な職を選んでしまっても安心)
キャラクターが和風でいい感じ。
韓国産のような量産型クリックゲーとは根本的に違うので、量産型に飽きた人にはおすすめ。
かなり優遇されている職がありバランスいまいち。
課金アイテムの性能が良すぎるので、無課金ユーザーとの差がひどい。


ブレイドクロニクル

リンクの共有


 

おすすめPCゲーム

料金
配信
メインジャンル
サブジャンル
テーブル・ボード
雰囲気
世界観
システム
キャラ
コンテンツ
バトル
グラフィック
手軽さ
対応OS
対応デバイス